ぼくの好きだった音楽

歌が答えであったことはなかった ただ人生のサウンドトラックってだけだった

ルックパーク/ルックパーク

元、とつけるべきだろうか、ファウンテインズ・オブ・ウェインのクリス・コリングウッドによるソロプロジェクト。
ファウンテインズが終わってしまった経緯は、この期間のインタビュー等をいくつか読むと辿れる。「ステイシーズ・マム」のヒットが最初の打撃であったかもしれない。もちろん成功は歓迎すべきことだが、あの曲の成功が、たぶんMVのせいもあって、本来そぐわないオーディエンスを引き寄せてしまった。そんなふうに、いくぶん後悔でもするように語っていたりする。それが原因かどうかは知らないが、クリスはメンタルやられてアルコール飲みすぎて、日本での公演キャンセルなんてこともあったらしい。体調の影響もあったのあろう。4thアルバムではクリスは3曲しか作っていない。4thは相当程度アダムの主導で完成させ、そのことがパワーバランスを、二人の関係性を崩してしまった。そのことがこたえたみたいだ。「一度そうなってしまうともう元にもどるのは簡単じゃなかった」とクリスはいう。5thはもう一度力を合わせたわけだが、もめにもめた。FOWの売りのひとつでもあったコミカルなトーンの歌詞を、クリスが嫌がっただとかで。成功の波に乗りたいアダムと、むしろ降りたいひねくれクリスの構図がなんとなく思いやられる。なんとか5thアルバムを完成させて出来には満足しているが、「もうあんなことは二度とくり返したくないとお互い思っているよ」と、実質的に最後のアルバムであることを、告白してもいる。おなじみの方向性のちがい? ある意味ではそうなのだろう。
というわけでのソロアルバム。



極上のメロディソング集である。もともとぼくはクリスびいきなので、クリスのソロというのはむしろ大歓迎、というかFOWのどのアルバムよりも粒がそろっているじゃないか、とさえ思う。やはりというべきか、意識的にFOW的なパワーポップを離れ、朴訥なサウンド。まあでも後期FOWのクリス曲とそんなに違わないといえば違わない。特筆すべきはやはりメロディで、冒頭のshout part 1からしてこの意外性と親しみさすさの絶妙なバランスはどうだろう。なんでもできるといわんばかりに音階を好き勝手に行き来するが、それが見事に舞踏になっているというような。マエストロである。クリスの作曲は同時代でも飛びぬけていて、それこそジャクソンブラウンだとかキャロルキングだとかのレベルにある、とかぼくは思うのだけど、みんなそう思わないのだろうか、不思議だ。もっともFOWらしいのはAeroplaneかな、このままギタポでもいけそうだ。ぼくのおきにいりYou can Come Round If You Want Toはout of state plates(名盤!)に入っていそうな感じ。



カントリーのbreezy、得意?のマイナーキーの曲名もそのままminor is the lonely key、stars of new yorkやCrash that pianoあたりはAORっぽい雰囲気もあってFOWではなかったアウトプットかもしれない。どこをとってもグッドソング揃いの良盤だが、じつのところ惜しいという思いも残る。
クリスのたっての希望でプロデューサーにミッチェル・フルームを迎えているわけだが、期待ほどの貢献を果たしているかは疑問。ミッチェル・フルームといえば、ぼくにとってはスザンヌ・ヴェガとロン・セクスミスの、こうパーカッションの多彩さと、フォーキーなのにオルタナなとんがったアレンジだけど、このアルバムでは、それがなんか普通なんだな。シンプルさをこそクリスが求めたところなのかもしれないが、おっと思うようなサウンドがない。FOWに比べても、キラキラしたところがない。キラキラの代わりに何かあればいいがそれがない。やっぱりFOWのあのキラキラは相当程度アダムの功績だったのだな、といまさらながら思うのだ。クリスは天才だが、それをプロデュースするもう一人の誰かが必要なタイプの才能なのだ。

デュオフェチのぼくとしては、もうひとりのマエストロであるロンセクスミスをゲストヴォーカルで入れてたりしたら最高なのにな・・・とかも思うわけだが。というわけで、ロンが参加したこの曲が聞きたくなる。



ああもうなんか、泣けてくるなこれ。これこそがFOWだよ。ステイシーズマムじゃあないんだよ。

ところで小説家デヴィッド・ミッチェルの新作、架空の60年代バンドを描いた『ユートピア・アヴェニュー』だってさ。FOWファンは引っかからずを得ないよね。


アダムの死を悼む

ファウンテインズ・オブ・ウェインのアダム・シュレシンガーが亡くなったことを今日知りました。
思った以上にショックです。志村けんが死んだのよりもぼくには痛い。
好きなミュージシャンが死んだことそれ自体もショックだし、原因が新型コロナウィルスだったってのも重ねてショックだ。
有名人の罹患のニュースはちょいちょい入ってきますが、アダムよりずっと高齢のトムハンクスだって回復したみたいだし、そうそう死までは至らない感染症なんだなって、舐めてたんだと思います。ニュースを目にして、なんだが急に他人事でなくなったかのような、切迫した怖さを感じました。分かってたことですが、新型コロナで人は死ぬのだ。それも誰かにとって大切な誰かが死ぬのだ。という認識が身に染みてきました。痛い。52歳。うそでしょ? たのむエイプリルフールのネタであってくれ。悪趣味だが、事実であるよりはよほどいい。そんな風に思って他のニュースもチェックしましたが、どうやら本当でした。勘弁してくれよ。洒落になんねえよ。ひどい。受け入れがたい。
ファウンテインズがどうやらもう終わってしまったことは、そろそろ納得しつつあったつもりでしたが、これは受け入れがたい。クリスのソロが4年前で、アダムがモンキーズに新曲を提供したのが3年前か。得意のフェイク60’sな楽曲で、アダムも相変わらずやってるなーとか思ってたのだけど。その次の知らせが、唐突な訃報であるなんて・・・もっとずっと歳をとってから、おじいちゃんになった二人のリユニオン、そんな未来図まで想定していたというのに、もうそれもありえないのだ。
思えば、ぼくにはファウンテインズよりも前に『すべてをあなたに』のアダムだったわけで、あの映画が、あの楽曲が、60年代に憧れる90年代キッズだったぼくをどんなにか喜ばせてくれたことか。ファウンテインズではぼくはどちらかといえばクリスびいきではあったが、アダムもいくつもいくつも素晴らしい曲を書いていた。メロディメイカーとしての技量は拮抗していたが、バンドをスターダムに引き上げたキャッチーネスはアダムのセンスのたまものだった。「すべてをあなたに」のほかにも「ラブソングができるまで」の主題歌もアダムの作だ。どうしてそんなにぽんぽんイメージどおりの、キャッチーな曲を書けるのかと。
stacy's momがまあ一番有名だが、好きなアダム曲なら、やはりgirl i can't forget、 baby i've changed、utopia parkwayに、それからもちろん







ただの1ファンのぼくでさえ、こんなに動転しているのだから、クリスの痛みは想像もできない。人一倍繊細な人だから心配だ。直近はどうだったのだろう。バンドはブレイクアップしちゃったけど、会ってたりはしたのだろうか。アダムとの、良い思い出がきっといくつもあるはずだ。それを慈しんで欲しい。

ぼくには何も出来ない。世界を憎もうとまでは思わないが、ここはそういう世界だとすんなり受け入れたくもない。ぼんやりした無力感の中で、ただ彼の作った曲を思い出し、彼の死を悼むだけだ。

これはこれはアイヴィーリーグです~S&Gを求めて3

ライフワーク(?)である、現代のS&G探しの一環で見つけたバンド。
ビートルズとS&Gが産湯であったぼくにとってはデュオヴォーカルこそが原点であって、正直いつでも探しているんです。リバティーンズとかオアシスとか二人ヴォーカリストいるのになんでヴォーカルハーモニーをもっとやらないんだってずっと思ってたし、ソロアーティストでも、たとえばスフィアン聞いても、エリオットスミス聴いても、ああなんでもっとヴォーカルハーモニーやってくれねえかなって、心の隅で思っているんです。それがあればもっと素晴らしいのになって。
これはもう宿業なんです。初恋の人の面影を探し続けるみたいなもんなんです。

This Is Ivy League
This Is Ivy League
posted with amazlet at 20.01.08
This Is Ivy League
27 Records
売り上げランキング: 2,253,345

で、これに出会いました。this is ivy leagueなるデュオ、2005年からの活動で、1枚だけアルバムを残して、活動を終えたらしい。
同名のというか、60年代にもivy leagueというグループいて、これなんだけど



これはこれでなかなかいいんだけど、このthe ivy leagueのレコード名が『this is the ivy league』で、それとはまったく別の2000年代のデュオがthis is ivy leagueというのが、ややこしい。ただでさえivy leagueなんてほとんど一般名詞みたいなもんで、ややこしいというのに。this is the kitといい、southといい、なんでそんな検索に不向きな名前をつけるかね、このご時勢に。about a boyを書いたニックホーンビーが、「著書を前置詞ではじめるのはやめたほうがいい。それについて話すときに、どんなに自信たっぷりでも、うろたえているように聞えるからね」なんて言ってたけど、this is ivy leagueを指示して呼ぶときは、this is this is ivy league, not the ivy leagueといわなきゃいけない。
とまあそれはともかくこっちがthe ivy leagueならぬthis is ivy leagueだ!



60sテイストのソフトロック。陽性でアコースティックな音色とキュートなハーモニー。S&GというよりはCYRKLEに近いか。あるいはヴォーカルハーモニーをちゃんとやったベルセバ。現代のS&Gたる完全な資格を有しているわけではないが、ベルセバがデュオヴォーカルなら最高なのにな、てかなんでベル&セバスチャンなのにデュオじゃないんだよ、ひねた名前つけやがって!と、常日ごろから考えているぼくなんかには、まさにどんぴしゃ。はい、大好きです。
音的にはもっとS&Gに近いこちらも貼っておこう。ああすごくしっくりくる。シンプルでどこにでもありそう。って思うんだけど、なっかなかないんだよな、こういうの。




記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ